個人再生・住宅ローン・破産 無料メール法律相談室

弁護士による個人再生・住宅ローン・破産等の無料メール相談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競売手続きを止めることはできますか

Q: 抵当権が実行されて競売手続きが進行中ですが、個人再生手続きを申し立てれば、競売手続きは中止されますか?


A: 再生計画案の認可の見込みがある場合には、一定期間実行が中止されます。

 裁判所は、個人再生手続開始の申立があった場合において、「住宅資金特別条項を定めた再生計画認可の見込みがあると認めるときは、再生債務者の申し立てにより、相当の期間を定めて」抵当権の実行の中止を命じることができます(民事再生法197条)。

 再生手続きは、だいたい半年程度かかりますが、その間に競売が進められてしまっては、せっかく、住宅ローンの支払いの巻き戻しなどを再生計画で取り決めても、意味がなくなってしまいます。

 そこで、再生手続が終わるまでの間、裁判所命令により、競売の手続きの進行を「停止」させることができます。条文上は中止命令ですが、完全になくなってしまうのではなく、「いったんストップ」の状態になるだけです。そして、再生計画で住宅ローンの支払いの巻き戻しができれば、最終的に競売手続きは取消になります。

 他方、再生計画が認可されなかった場合は、「停止」していた競売手続は進行を始めることになります。

 この中止命令には、「再生計画認可の見込み」を裁判所に示すことが必要です。

 また、再生手続きを申し立てただけでは当然に競売は停止しませんので、別途、この中止命令の申し立てをすることが必要ですので、注意が必要です。

  ですので、競売手続きが始まってしまっていても、まだ巻き戻しの可能性はありますので、あきらめずに、一度、ご相談ください。

   無料法律相談はこちら








スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。