個人再生・住宅ローン・破産 無料メール法律相談室

弁護士による個人再生・住宅ローン・破産等の無料メール相談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人破産の流れ・期間はどのようなものですか?         (東京地裁) 

エルピス総合法律事務所

                                   
1.破産(同時廃止)の流れ

地裁へ破産手続開始・免責許可の申立
↓(当日または3日以内)
破産の審尋
↓(数日~1週間程度)
破産開始決定、
同時廃止決定

(不動産や財産等所有していなければ破産管財人は選任されず、破産手続開始と同時に破産手続きの廃止が決定される。これ以上破産手続を続ける意味がないため。)
↓(約2ヶ月)
免責の審尋
↓(約1週間)
免責許可決定
↓(約2週間)
官報に公告
↓(約2週間)
免責の確定(免責許可決定から1ヶ月後に免責許可が法的に確定します。これにより債務者は借金の返済義務がなくなります。)

破産申立をしてから約3ヶ月~6ヶ月はかかります。
また 裁判所によって期間が異なります。



2.破産(少額管財)の流れ

地裁へ破産手続開始・免責許可の申立
↓(当日または3日以内)
破産の審尋
↓(数日~1週間程度)
破産開始決定
(不動産や一定額以上の財産等を所有する個人、法人、個人事業主また免責不許可事由がある場合に破産手続開始決定と同時に破産管財人が選任されます。)
↓(数日~1週間程度)
破産管財人の決定
↓(約2ヶ月後)、財産を売却等により換価します。
債権者集会
↓(必要に応じて期日が続行)
債権の確定と配当
(ここで配分する財産がなければ異時廃止となります。)

破産手続終了

免責の審尋

免責の決定

破産申立をしてから約3ヶ月~6ヶ月はかかります。
また 裁判所によって期間が異なります。



3.同時廃止と管財のちがい

同時廃止
一定程度の財産もなく換価するものがない(東京地裁では原則各財産20万円以下の場合)場合や、免責不許可事由にあたらない場合に破産開始決定と同時に破産手続を終結します。
*免責不許可事由とはギャンブルで借金をしたり、財産を隠したり、裁判所の行う調査を拒んだりする等の事由を言います。

破産管財
一定の財産をもつ個人、法人、個人事業主、また免責不許可事由に該当する場合は破産管財人がつきます。
→破産管財人がついて調査を行い、財産があれば債権者に配当、配当すべき財産がなければ異時廃止となり、債権者への配当は行われません。


*東京地裁では、管財人費用を原則20万円以上納めることで管財手続きが利用できる少額管財制度が運用されています。

エルピス総合法律事務所
 無料法律相談
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。